借金してまでやる事は

金融機関に資産運用を申し込む時必ず聞かれる事が余剰資金か否かです。 実際に資産運用をギャンブルとみなして借金までして口座開設を試みる人が後を絶たず、何割かの人が毎年破産をしてしまっています。 上記の現実が明らかにしているように、財テクなどの資産運用は、あくまで借金をしてやる事ではないのが基本だと言えるのです。 なぜ借金をして資産運用を行うと破滅するかという点において明確な理由が存在します。 借金は、当然ですが利息が付きます。借りた金融機関によって利率は大きく異なりますが、数%から上限金利の15%である事が一般的です。借金で財テクを行うにあたって、この金利以上に稼ぐ事が必須となりますので、どうしてもハイリスク商品ばかりに手を出さざるを得ないという事態に迫られるのです。 逆に、余剰資金で運用する方は、低リスクな商品を選択し確実に収益を上げて行く事ができます。低リスク商品だから儲けが絶対に少ないと言うわけでもなく、景気が良くなった場合や、原油安などで経済事情が劇的に改善していくケースでは思わぬ増収の恩恵を受ける事もできるのです。 ですから、破産などのリスクを抑えつつ、資金を得る事ができる為あらゆる観点から有利だと言えます。余剰資金で運用する場合は、「稼がないと損をする」という負担がない点が最大の魅力なのです。

ページリスト

気が向いたら押してね

s

Copyright© 2015 時代を生き抜くために財テクを磨く All Rights Reserved.