失敗がある事は最初から

資産運用というのは簡単なものではなく、失敗はつきものです。 特に最初の内というのは失敗は良くあることですからあまり気にせずに、のんびりと資産運用をしていくのが重要です。 失敗というのはある程度、資産運用に慣れた人であっても失敗をしてしまうことがあるものだけに、はじめの内というのは余計に多いものです。 人間というのは失敗から学ぶことも多いため、資産運用を始めたころというのは色々な間違いをおかしてそれを教訓により効率の良い資産運用を勉強していくことが重要となるのです。 そこで、最初の内に大事なことは余裕のある資金でできるだけリスクをとらない方法で、資産運用をしてみると言うことです。 リスクの少ない方法というのはその分利益も少なくなりがちですが、はじめの内というのは資産運用をするためのコツをつかむことが目的という面もありますから、まずは損をしないことを重点に始めるのがよいのです。 しかしそれでもはじめの内はどうしても、ミスをしてしまいがちで損失を出してしまうことになりますが、そのような時にもリスクの少ない方法をとっておけば、被害は最小限で防ぐことができます。 損をしないことに越したことが無いとはいえ、はじめの頃はどうしても上手く行かずに損をしてしまうことがあります。 そのような時に被害を最小限に抑えることができれば、その教訓を次につなげることができるので授業料として納得できる負けにすることができるのです。 最初のわけもわからずに損失を出してしまいやすい時期に、大きな痛手となるような損失を出してしまうと焦りが生まれてしまってよいリスクの高い投機的な資産運用に手を出してしまいがちですから、そのようなことにならないためにもまずは勝っても負けても少額の資産運用をすることが大事です。 そして、そのような資産運用をして失敗を重ねることによって経験値を積み重ねることができるので、その結果として本格的な資産運用に結びつけることができるようになるのです。

リスクを忘れないこと

時代を生き抜くために財テクを磨くことを目指している人は多くいますが、財テクにおいて忘れてはいけないこと、それは「リスク」です。財テクにはいろいろな金融商品を ・・・続きはここから

ページリスト

気が向いたら押してね

s

Copyright© 2015 時代を生き抜くために財テクを磨く All Rights Reserved.