時代を生き抜くために財テクを磨く

この時代を生き抜くために財テクを磨くというのは今では重要なことです。このことは政府も考えているのでしょう。NISAという小額なら投資に対して税金をかけないという非課税の制度を実施しています。これは、そういった背景もあると考えていいでしょう。

個人が自分の資産を増やしたり、防衛をしたりするということは今ではとても大事なことになっていて、将来はさらに財テクが必要になると考えられます。

オススメサイト
人気機種の対決はユーザはどう見る

財テクの必要性は、日本という国を考えるとよくわかります。日本は多くのものを輸入することによって成り立っています。ということは、海外の影響を非常によく受けることになるといえます。食料品の価格の上下や、化石燃料の価格の上下、為替の上下といったものに生活が左右されるといったことになるのです。このような状況で何もしないでいるということは、それだけでもリスクがあることを意味します。

例えば為替が大きく円安となれば、資産の多くを円でもっていると価値が減ることになるのです。世界経済がグローバル化していて、その中で最も影響を受けやすいのが日本ともいえるのですから、財テクというのは資産を防衛するといった意味でも大切なものになるのです。そうしないと、安心して生きていくといったことが難しいといったことになるかもしれません。常に不安な状態で生きていくことになってしまいますので。

財テクといっても難しく考える必要はありません。価値が上がりそうなものを買い、価値が下がりそうなものは売るようにすればいいだけです。これは、どのような投資についてもいえることです。

そして、リスクを出来るだけ避けるのであれば、資産を分散させることです。例えば円の資産ばかりであればドルの資産を持ったり、ユーロの資産を持つなどすればいいわけです。資産割合が株式が多ければ不動産に投資をしたり、金などの現物資産に投資をするといったことも考えられます。

そして、リスク管理といった意味での財テクであれば、車の運転が多くてガソリンの出費が多いといったような場合では、原油の先物を買うといったようなこともできます。

そうすれば、ガソリン価格が値下がりすれば、原油の先物価格は下がるかもしれませんが、日々のガソリン代が安くなります。逆にガソリン価格が上昇すれば、日々のガソリン代は高くなりますが、原油の先物で利益がでるので、ガソリン価格の上下に対してそれほど影響を受けないといったような管理が出来るのです。

ページリスト

気が向いたら押してね

s

Copyright© 2015 時代を生き抜くために財テクを磨く All Rights Reserved.